血液をサラサラにする魚とは、どんな種類?特に効果が高い魚をご紹介

血液サラサラ方法について

 

血液をサラサラにしたいなら、毎日の食事が大切ですが、
特に魚は血液サラサラ効果が高いとイメージがありますよね。

 

では、具体的に血液をサラサラにする魚の種類とは、
どのようなものなのでしょうか?

 

特に効果的と言われている種類の魚を知っておくことで、
効率よく血液をサラサラにする魚を
取り入れることができるかもしれません。

 

 

今回この記事では、血液をサラサラにする魚の種類について、
調べてまとめてみました。

 

ドロドロ血液が気になっているという方、
いつまでも元気で過ごしたいという方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

血液をサラサラにする魚の種類とは?

 

血液サラサラ方法について

 

DHAとEPAを多く含む魚

 

魚が血液をサラサラにする効果が高いと言われているのは、
DHA・EPAという不飽和脂肪酸である血液サラサラ成分が
含まれているからです。

 

DHA

 

DHAは、古く固くなってしまったゴムホースのような血管を、
しなやかにしてくれる働きがあります。

 

さらに、ドロドロ血液の原因であるコレステロールと
中性脂肪を減らしてくれるので、
血液サラサラ効果が期待できます。

 

EPA

 

EPAは、血液の中の脂肪部分のバランスを
整えてくれる働きがあります。

 

また、血栓の防止にもつながるため、
サラサラ血液を作り出してくれると言えます。

 

具体的に効果的な種類とは?

 

マグロ

 

マグロは、DHAの配合量が最も多い魚だと言われています。

 

特に、本マグロのトロの部分には非常に多くのDHAが含まれており、
血液をサラサラにする魚としておすすめです。

 

血液をサラサラにする魚は、
旬の時期に刺身という方法で摂取するのが、一番効果的です。

 

魚の脂肪に、多くのDHAが含まれているので、
血液をするサラサラにする魚の効果を最大限引き出したいなら、
脂肪の乗った時期に生で食べるのがおすすめなんです。

 

青魚

 

青魚には、多くの血液サラサラ成分が含まれているので、
血液をするサラサラにする魚と言えます。

 

特に、サンマやアジなど、日本人に馴染み深い魚も、
もちろん血液をサラサラにする魚として効果的です。

 

やはり、これらの青魚も刺身で食べるのが最も効果的です。

 

煮たり焼いたりと、熱を加えることで血液サラサラ成分は、
減少してしまう
からです。

 

まとめ

 

血液サラサラ方法について

 

現代人は、DHAやEPAが不足しがちと言われています。

 

血液をサラサラにする魚を定期的に取り入れて、
健康寿命を伸ばしましょう。

 

 

血液サラサラサプリ ランキング