高血圧の予防、改善におすすめの成分とは?

血液サラサラサプリメント 画像

血圧を正常な値で維持するためには、食事や
サプリメントで積極的に摂取していただきたい
成分があります。

 

これらの栄養を意識して摂ることで、血圧の低下、
維持に効果を発揮し、高血圧の予防や改善に
期待する事が出来るでしょう。

 

 

サラサラ血液にするには?

 

ナットウキナーゼ

 

ナットウキナーゼは、その名前の通り納豆のネバネバに含まれる
酵素のひとつとして知られています。

 

血管に出来る血栓を溶かす作用で心筋梗塞、脳梗塞の原因になる
血栓症を予防する効果に優れるもの。

 

血栓が溶かされると、圧力が抑えられてスムーズな血流になり、
結果的に高血圧を防げるというわけです。

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)

 

青魚に豊富に含まれる不飽和脂肪酸で、血液をサラサラにする
効果に優れた成分です。

 

中性脂肪、悪玉コレステロールを減らす効果で生活習慣病を
効果的に予防しますが、具体的な効果としては血管の壁の細胞や
赤血球の細胞膜を柔らかくする事で血流をスムーズに。

 

脳機能、神経細胞の機能を向上させる働きもあり、
記憶力や精神安定にも期待が出来る優れた成分なのです。

 

DPA(ドコサペンタエン酸)

 

アザラシ、マンボウの肝油に含まれる必須脂肪酸です。
イヌイットは野菜を食べなくても健康で、長生きしていたと
言われていますが、その秘密はアザラシを食べていたから。

 

DPAは別名で「海のドクター」とも呼ばれる健康効果の高い
成分で、EPAと似た働きをします。

 

ただ、血管や血流を健康に導く効果はEPAよりも50〜100倍にもなる
と言われており、非常に高い健康効果を秘めている事がわかるでしょう。

 

しかし、マンボウの漁獲量は減っている上、肝油も採取できる量が
少なく市場にあまり出回らない貴重な素材です。

 

EPA(エイコサペンタエン酸)

 

青魚に豊富に含まれる必須脂肪酸です。

 

DHAと一緒に摂取する事で、相乗効果により高い健康効果を得られます。
ただし人間の体内では合成されない成分なので、食事や
サプリメントで補う必要あり。

 

血液を固まりにくくさせ、血栓を溶かす作用にも優れているので
血液をサラサラにしてスムーズにしてくれます。

 

さらに中性脂肪、悪玉コレステロールを減少させ善玉コレステロールを
増やす働き、血管の拡張作用があるため、生活習慣病対策には
欠かせない成分の一つでしょう。

 

ケルセチン

 

玉ねぎに豊富に含まれるポリフェノールの一種です。

 

動脈硬化、血流の改善に効果を発揮します。
抗酸化作用に優れ、体の隅々まで酸素を運ぶ赤血球を活性酸素の
攻撃から守り、活性化させる事で血液、血管機能に非常に
有効だと注目されているのです。

 

また、血管の柔らかさをキープさせる働きもあります。

 

 

血圧を正常値におさめる

 

グルタミン酸(GABA)

 

非必須アミノ酸の一種で、脳や内臓など重要な場所にはたらきかけて
くれるリラックス成分を作り出すものです。

 

最近の研究では、血圧を下げる作用がある事がわかり、
再び注目を浴びています。

 

グルタミン酸から生成されるGABAには、ストレスを解消させる作用も
あるので、ストレスによる血圧上昇も抑えることが出来るのです。

 

ペプチド

 

アミノ酸が複数つながり構成されたものをペプチドと呼びます。
アミノ酸、タンパク質の中間の性質があり、主に血圧を上昇させる
物質が作られるのを抑える効果があります。

 

カルピス社が独自に発見したラクトトリペプチド、いわしから
抽出されるサーデンペプチドは特に血圧の低下に効果があり、
高血圧の予防改善に有効です。

 

 

血管を広げる

 

サポニン

 

コレステロール値を下げる効果で肥満の解消に効果があると
言われていますが、毛細血管の強化や血管を広げる作用で
血栓が出来るのを防ぐ働きもあります。

 

これらの効果により、血流がスムーズになるのです。

 

酢酸

 

血管を広げる作用のあるアデノシンという成分が含まれています。
また、血圧を上昇させる成分を抑えこむため、血流を促しながら
血圧を低下させる効果があるのです。

 

 

 

高血圧に効果があるものはここで紹介したもの以外にもあります。
日頃から食事、サプリメントで予防、改善効果に期待ができる
成分を摂取し、健康的な体づくりをしていきましょう。

 

 

血液サラサラサプリ ランキング