高血圧になると体調にどのような変化があるのか?

高血圧 画像

上(収縮期血圧)が140mmHG以上、下(拡張期血圧)が
90mmHG以上あると高血圧の状態になっています。

 

日本高血圧学会が作成したガイドラインで決められた
数値で、理想の血圧は上が120mmHG、下は
80mmHG未満。

 

では、高血圧について少し勉強をしていきましょう。

 

 

高血圧には種類がある

 

高血圧には「二次性高血圧」「本能性高血圧」の
2つの種類があるのをご存知でしょうか。

 

二次性高血圧

 

脳血管障害、慢性腎炎、脳腫瘍などの病から引き起こされる高血圧で、
続発性高血圧とも呼ばれています。

 

動脈の先天性疾患、妊娠中毒症が起因となって起こる高血圧も
二次性高血圧です。

 

本能性高血圧

 

詳しい原因が見当たらない場合には本能性高血圧に分類されます。

 

ほとんどの場合が本能性高血圧ですが、はっきりとした原因が
解明しておらず、今の段階では食事、運動、ストレスなど、
あらゆる要素が関わり高血圧になるのではないかと考えられています。

 

高血圧の自覚症状について

 

高血圧に自覚症状はなく、そのため見逃しやすいものです。
健康診断をして初めて自分が高血圧だと知ったケースが多く、
放置されやすい点がとても危険視されています。

 

ただ、血流が悪くなっていることで起こる体調不良、不快感は
高血圧の可能性を示唆している事が多いです。

 

頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、これらの悩みがある方は
血圧に注意が必要です。

 

しかし必ずしも高血圧になっているとは考えにくいので、
やはり日頃から血圧をチェック出来るように家庭用の
血圧計を導入したり、健康診断を定期的に受けるなど
自己管理が大切になってきます。

 

高血圧の合併症

 

高血圧になると、危険な合併症を引き起こすリスクが高まります。

 

高血圧には自覚症状がなく、放置されることで知らずうちに
心臓が圧力に耐えるために大きくなったり硬くなり、動脈硬化に
つながる可能性があるのです。

 

心筋梗塞、大動脈破裂など死亡につながる重大な疾患に
なってしまっては遅いですよね。

 

しかしそれまで自覚症状がなく、突然このような危険な症状が
起こるため、別名サイレントキラーとも呼ばれているのです。

 

 

<高血圧により起こる合併症>

 

心臓

 

高血圧を放置すると、心臓の筋肉が肥大し心臓が大きくなります。
心肥大の状態が続くと心臓のポンプ機能が弱まり、心不全に
至る可能性が。

 

また、冠動脈が硬くなると血流が滞り詰まってしまい、心筋梗塞、
狭心症などを引き起こします。

 

 

高血圧になると動脈は硬くなり、脆い状態になります。
動脈硬化がひどくなると、脳卒中の可能性が高まると言われています。

 

脳卒中には種類があり、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、
一過性脳虚血発作があります。

 

どれも重大な疾患で、命の危険に関わるものです。

 

腎臓

 

肝臓に動脈硬化が起こると、肝機能が低下したり腎臓の細動脈が
硬くなって腎不全につながります。
心不全の要因にもなるもので、命の危険に関わるでしょう。

 

 

網膜の動脈が硬くなることで、網膜内に出血や白斑が出来ます。
症状が重くなることで眼底出血、視力障害、最悪の場合は
失明する事もあります。

 

 

血液サラサラサプリ ランキング