オメガ3に含まれている成分とその効果について

オメガ3系脂肪酸には、魚由来の成分で知られるEPA・DHA
植物性の油に含まれているαリノレン酸などが含まれています。

 

これらの成分にはどのような効果があるのでしょうか?
一つ一つ解説していきたいと思います。

 

αリノレン酸

 

オメガ3

 

αリノレン酸は、エゴマ油などに豊富に含まれており、
摂取することで体内でEPAやDHAに変化する性質があります。

 

EPAなどに変化することによってEPAなどの健康効果を
得ることが出来ます。

 

EPAやDHAといえば青魚に多く含まれている成分ではありますが、
魚の独特の臭みが苦手という方も少なくありません。

 

DHA系のサプリメントの中にも魚独特の臭みが感じるからと
敬遠されている方は、αリノレン酸が含まれているエゴマ油
摂取しても効果を実感することが出来るでしょう。

 

 

DHA

 

血行促進

 

オメガ3

 

青魚に含まれている成分の一つで、血液のサラサラ効果へと
導いてくれる働きがあることで有名ですね。

 

この血液のサラサラ効果とは、血液内に含まれている中性脂肪
悪玉コレステロール値を下げてくれる作用があることから
そういわれるようになりました。

 

EPAとDHAと働きは一緒ですが、コレステロール値を下げるのは
DHAのほうがより高い効果を得ることが出来るといわれています。

 

また、血管を柔軟にしてくれる働きもあるので、これらの相乗効果に
より、血管のサラサラ効果へと導いてくれるのです。

 

 

記憶力アップ

 

オメガ3

 

青魚成分として知られるEPAとDHAですが、EPAは脳に繋がる血管部分の
通過点で阻まれてしまいますが、DHAは脳まで到達することが出来ます。

 

といいますのも、DHAには脳を構成している成分であることから、
通過点で阻まれることなく脳まで到達することが出来るのです。

 

元々脳内にDHAが豊富に含まれており、その中でも特に海馬が
多く含まれており、それが記憶力を司る部分なのだそうです。

 

ですから、記憶力を更に高めるためにもDHAを摂取することが
必要不可欠だといわれています。

 

 

脳血管型・アルツハイマー型痴呆症の予防

 

オメガ3

 

老人性痴呆症ともいわれている痴呆症には、アルツハイマー型
脳血管型の痴呆症の2種類に分類されますが、どちらにも効果が
高いといわれています。

 

脳血管型とは、脳内で必要な酸素が届いていない場合または、
脳内で血管が詰まることで細胞が破壊されることで起こります。

 

ですから、脳内の血管を改善することで予防することが
出来るのです。

 

DHAには血管の流れを改善する働きがあるので、
脳血管型の痴呆症の発症を抑えることが出来るのです。

 

脳の細胞がすでに破壊された後の状態であっても、
残った脳細胞を活性化させる効果があるため、
記憶力の改善に大きな効果があるといわれています。

 

そして、もう一つのアルツハイマー型の認知症について解説します。

 

このタイプですが、原因はまだ解明されていませんが、現段階で
判明していることは、海馬周辺を広範囲にわたって破壊している
ということです。

 

つまり、海馬が破壊されることで認知症を発症しているのです。

 

アルツハイマー型の認知症の患者の脳内を調べた結果、
海馬のDHAの量が通常の状態よりもより低いことが
判明しています。

 

DHA不足とこの症状の関連性はまだ証明されてはいませんが、
DHAを摂取し脳の活動を活発化させることで、アルツハイマー型の
認知症への予防にもつながると考えられています。

 

 

視力の改善・向上

 

オメガ3

 

DHAは、脳内の他にも目の網膜にも豊富に含まれています。

 

網膜の細胞を柔軟化させるために効果があるといわれています。
網膜には資格情報を正確に捉えるために必要な役割を持つ重要な
場所で、ここが衰えることにより視力が低下してしまうのです。

 

DHAを摂取することで、網膜の機能を向上させ
視力の回復や維持に効果が高いといわれています。

 

 

EPA

 

血液サラサラ効果

 

オメガ3

 

EPAは、DHAと同じく血行の流れを促進させる働きがあります。

 

中性脂肪やコレステロール値を下げる働きもありますが、
中性脂肪への効果が高いのがEPAになります。

 

また、血液サラサラ効果に対してはEPAのほうが高いのですが、
これは、血管が詰まる原因ともいわれる血栓の生成を予防する
効果が高いことから血管が詰まるのを防いでくれるからです。

 

さらに、赤血球を柔軟化させる働きもあり、柔軟化させることで
血管の先端まで行き渡りやすくなるからです。

 

赤血球が硬化してしまうと、細い血管の先に行き渡らなく
なってしまいますので、体の隅々まで行き渡らせるためにも
赤血球を柔軟化させることが大切です。

 

このように血行を促進させ赤血球を柔軟化させることで
高血圧の予防にも効果的です。

 

 

EPAとDHAの効果の共通点

 

オメガ3

 

ともに構造が似ているEPAとDHAは同じ作用を持つ成分で、
コレステロール値や中性脂肪の低下、血液のサラサラ効果の
他にも以下のような効果もあります。

 

・うつ病などの症状の予防、緩和
・抗アレルギー作用
・抗炎症作用
・生理痛の諸症状の緩和

 

血液サラサラはもちろん、こういった健康サポート効果を期待して
摂取するのもおすすめですよ。

 

 

血液サラサラサプリ ランキング