巷で話題になっているオメガ3について

私たちの健康を支える必須脂肪酸・オメガ3

 

脂肪酸は大きく分かれて不飽和脂肪酸飽和脂肪酸があります。

 

オメガ3

 

飽和脂肪酸

 

飽和脂肪酸とは、常温の環境下では固体化する性質を持つものが
多く、主にラードやバター、豚や牛の脂身などに含まれている
成分です。

 

飽和脂肪酸につきましては、体内で生成することが出来ますので、
食事を通して多量に摂取する必要性の低い油脂です。

 

 

不飽和脂肪酸

 

不飽和脂肪酸とは、常温の環境下においても固体化することなく、
液体状を維持している性質を持つものが多く、主に植物性や
魚油に豊富に含まれています。

 

不飽和脂肪酸の中でも更に、多価不飽和脂肪酸一価不飽和脂肪酸
とに更に分類出来ます。

 

その内、多価不飽和脂肪酸は体の中で生成することが出来ない
成分なので、食事などで摂取する必要があります。

 

これを必須脂肪酸と呼んでいます。

 

 

必須脂肪酸の種類について

 

必須脂肪酸には、構造に違いによってオメガ3オメガ6
分類することが出来ます。(一価不飽和脂肪酸はオメガ9に
分類されます)

 

オメガ3とオメガ6には異なる働きを持つ成分で、オメガ3には
抗アレルギー作用が高いことに対し、オメガ6にはアレルギーを
促してしまう働きがあります。

 

 

オメガ3とオメガ6のバランスが崩れると?

 

オメガ3

 

必須脂肪酸ということはとにかく摂らないといけないイメージが
ありますが、たくさん摂取すればいいというわけではありません。

 

オメガ3とオメガ6にはそれぞれバランスがあり、何も考えずに
摂取しすぎると途端にバランスが崩壊してしまいます。

 

では、理想的なバランスとはどのようなものでしょうか?

 

それは、オメガ3:オメガ6の比率で表すと、
1:4が理想的なバランスだといわれています。

 

ですが、食事で摂取することが多いのがオメガ6なのが実情です。

 

1:20、1:10の比率のケースがほとんどではないでしょうか?

 

何故、これほど大げさな比率になっているのかといいますと、
食の欧米化と深い関係があります。

 

オメガ3

 

オメガ6は、ゴマ油や紅花油、コーン油やサラダ油、マヨネーズ
など、摂取する機会の多い食物に含まれているため、現代人の
ほとんどが摂りすぎているケースがあります。

 

それに対し、オメガ3はオキアミやイワシなどの青魚、エゴマ油、
肝油、亜麻任油、しそ油、緑黄色野菜、クルミ、豆類などに
含まれているのが特徴です。

 

これらの成分は通常の食事では摂取するのが難しく、意識しないと
なかなか推奨摂取量に達しないでしょう。

 

 

細胞膜と脂肪酸の関係

 

脂肪酸は、細胞膜を構成する役割を持つ成分です。

 

しかし、オメガ3・オメガ6・オメガ9のバランスが崩壊すると、
細胞膜内の細胞の機能を低下させてしまいます。

 

 

オメガ3脂肪酸について

 

オメガ3

 

オメガ3脂肪酸は、エゴマ油や魚油自体を指すものではなく、
それらに含まれているEPADHA、αリノレン酸のことです。

 

αリノレン酸が体の中に取り込まれることで、EPAやDHAに
変換されますので、血圧の低下、コレステロール値を調整、
血栓の予防、記憶力の向上や抗アレルギー作用など
EPA・DHAと同じ働きがあります。

 

オメガ3は、日々の健康に欠かせない成分ですが、
とてもデリケートで取り扱いが難しい成分です。

 

酸化に対してめっぽう弱いので、なるべく空気との接触は避ける、
熱を加えない、光を避ける、高温の場所を避けるなど、調理や
保管に気を付けないといけません。

 

そして、一度でも封を開けてしまった油は、出来るだけ早めに
使い切らないと劣化してしまうのです。

 

 

たくさんとればいいというわけではない

オメガ3

 

オメガ3にはいろいろな健康効果がありますので、日々の健康を
支えるためになくてはならない成分ですが、たくさん摂取すれば
いいというわけでもありません。

 

いくら必須脂肪酸とはいえ、油ですので過剰摂取すると脂肪の
もとになったりニキビの原因にもなります。

 

また、オメガ3・オメガ6などをバランスよく摂ることも大切なんですよ。

 

 

血液サラサラサプリ ランキング